2017

 ご存知の方もいるかと思うけど、2017年が終わった。

 2016年まで過去最低を更新する年が続いていたが、一旦底を打ったのか2017年は実のところそれほど悪くなかった。相変わらず働いていないが。

 まず、3月あたりに長らく離れていたバドミントンに復帰した。これは思いのほか大きくて、生活に良い影響を与えた。週に一度でも家族以外の人間とコミュニケーションをとる、それも普段ネットでやりとりしているのとはまったく別の種類の、要するに話の合わない人間と直接やりとりするのは、ここ数年一切使っていなかった脳の部分を使うみたいで疲れるが刺激にはなった。

 バドミントンには体力が必要なので、ジョギングをするようになった。これまでも、数ヶ月走って数ヶ月サボるというようなサイクルでやってきていたが、去年は週に2、3回のペースで継続して走れていた。まあこれは、先月あたりから寒さが本格化してきて怪しくなってきてはいるが……。

 寒いといえば、2017年は夏がなかった。2017年を良い年だったと言い切れない理由のひとつだ。日照時間が異様に少なく、特に8月が最悪だった。7月に大國魂神社のすもも祭にひとりで行ったのが唯一の夏らしいイベントだった。地球は猛省して今年はしっかりやってほしい。

 ひとつ前のエントリに書いたように、11月に手帳を買い、12月10日に某短編小説新人賞の〆切を書き込んだことで、本当に久しぶりに小説を書き上げることができた。公募に応募するのは実に7年ぶりだ。気が緩んで応募した次の日にあっさりツイッターに復帰し、一瞬で元の生活に戻ってしまったので、弾みがついたとは一概に言えないが、年末に次の短編の構想が浮かんで10分でプロットの作成を完了したので、これを土台に今月中に新たに短編を仕上げて同じ賞に応募したいと思っている。原稿用紙30枚程度ならばいつでも書ける、という意識が植え付けられたのは大きいような気がする。

 

 以上のような理由で、2017年は個人的にそれほど悪くない年だった。春先のバドミントンへの復帰が冬の小説執筆および新人賞への投稿という結果への布石になったのは明らかだ。世相はいよいよ暗いが、そんなのは知ったことではない。

 2018年の抱負とかは別に何もない。強いて言えば、目標は長編の執筆ということになる。何年も小説執筆をサボり、そもそも長編を書き上げたことが一回しかない自分には難しい作業となるだろうが、だからこそ目標に掲げなければならないし、しかし同時に焦らずやっていきたい。焦りは何も生まない。焦れば焦るほど何もできなくなる。去年までの5年あまりがそうだった。自らの現況を省みて焦るなというほうが無理なのだが、しかし焦ってはいけない。思考に囚われてはいけない。だから、自分は天才だと思うことにした。

 

 俺は天才だ。書けばその結果が出る。

 そういうつもりでやっていく。