穴を埋める

 去年、台風で北海道のジャガイモ畑が壊滅的な被害を受けたというのはニュースで見ていたが、その時点では己の生活に何か影響が出るとは思っていなかった。だが、今年に入り、湖池屋カルビーなどの会社がいくつかの主力ポテトチップス商品の発売を中止するに至り、俺は事態の深刻さを初めて認識したのだった。

 そして現在、コンビニのスナック菓子棚では熾烈な椅子取りゲームが始まっている。最初に後釜に座ったのはビーノ。枝豆を主要原料としたスナック菓子の元祖で、ひょっとしたら個人的にはポテトチップスよりも好きなので喜んで買っていたのだが、たった三週間ほどで姿を消してしまった。そして入れ替わり立ち替わり現れては消えていく新商品。キャラメルコーンのクリームソーダ味は、東京ディズニーランドのソーダ味のポップコーンが好きな俺の琴線に触れたが、二週間で棚から消えた。俺しか買わなかったから追加発注をしなかったのだろう。今日は山芳のパインアメ味ポテトチップスなどという正気を失った商品を見た。試そうという気すら起きなかった。お菓子やペットボトル飲料に限ってはそれなりにゲテモノも好むが、別に不味いものが好きなわけではないのだ。

 そして今週から、棚の隅でひっそりと、しかし虎視眈々と次なる王座を狙っている存在がある。コーンポタージュである。これもなかなかに息の長い商品で、リスカというヤバい名前の会社から出ている。これも、ポテトチップスより好きなスナックなので、日の目を見ているいまのうちに可能な限り食べておこうと思う。

 

 ポテトチップスが抜けた穴をめぐる勢力争い。まるで空き地に生える雑草の移り変わりを見ているようだが、こんなことでもないとビーノやコーンポタージュといった準主役級のスナック菓子たちの存在を、それが好きだったことも思い出せなかっただろう。だって、普段はコンビニの棚に置いてさえいないのだ。ジャガイモ農家には悲劇だろうが、それが生み出した菓子棚の混乱は、消費者にとって悪いことばかりではなかろう。諸君、このひと時の混乱を楽しみたまえ。

 

 

 

(追記)みんなブログ更新してて偉いな~と思ったので、よっしゃ俺もいっちょ何かリリカルなやつ書いてやるか、と書き始めた。リリカル、向いてないのかもしれない。