現在

ニッポンの、オタクの夏

たいていの人間にとって夏とは、ただ暑いだけの季節だ。しかし、そのなかでも特に、傍目に見ればむしろ最低なのではないかというような人間ほど「最高の夏」というようなことを言う。最高の夏とはなんだろうか。旨い肉だろうか。涼しげな気分にさせてくれる…

穴を埋める

去年、台風で北海道のジャガイモ畑が壊滅的な被害を受けたというのはニュースで見ていたが、その時点では己の生活に何か影響が出るとは思っていなかった。だが、今年に入り、湖池屋やカルビーなどの会社がいくつかの主力ポテトチップス商品の発売を中止する…

雨が降っている

雨が降っているのでブログを書きます。 どうやら一年以上放置していたらしく、自分自身このブログの存在を完全に忘れていた。読み返してみると開設当初からしきりに「書くことがない」とか言っていて、それはこれを書いている今日この瞬間も変わりない。何も…

海も花火も夏祭りもアニメが全部やってくれる

相変わらず特に書くこともないのだが、これ以上放置したら完全に廃墟になってしまうので更新する。 今期は23本アニメを観てます。いままでのところ、『のんのんびより りぴーと』『城下町のダンデライオン』『監獄学園』『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ…

ホメオスタシスとトランジスタシス、みたいな話

ジョギングを再開してからすこぶる調子がいい。どうでもいいけど「すこぶる」って「すこんぶ」に似てませんか? どうでもいいうえに広がらないのでこの話やめます。とにかく、年に数回「そろそろ走るか」みたいになる時期があって、まあ暖かくなってきたし、…

彼女はいつもドーナツの穴から世界を覗き見ていた

SHIROBAKOが終わった。俺の人生も終わりにしよう。一度はそう思ったが、まだ生きている。なぜだろう。 多くの人が、SHIROBAKOは最初から最後まで手堅く作ってきたなという感想を抱いたはずだが、もちろんアニメーションなりの面白さも随所に光っていた。主人…

では、その心は何のためにあるの?

ルーツがない。ルーツ、つまり根っこである。俺には根っこがない。いや、根っこはあるのかもしれないが、その根っこが根差すべき土がない。土台がない。30になって、つくづくそう思うようになった。 たとえばエヴァンゲリオン。『新世紀エヴァンゲリオン』が…

では、その手は何のためにあるの?

小説が書けない。これを読んでいるほとんどの人は「小説書いてたんだ」という感想を抱くのではないかと思うが、小説を書いていたのである。ほんの一時期。掌編や、断片的なものはたまに書くが、長編と呼べるものを書き上げたことは一度しかない。 それまで、…

相変わらず書くことなし

何も書くことがない。東京は今日は雨。昔の作家が「雨が降ったら「雨が降った」と書きなさい」というようなことを言っていたらしいが、高度情報化社会に生きるわれわれとしては、どうせならもう少し踏み込んだものを書きたいと思うのが人情ではないだろうか…

僕はブログが書けない

実を言えばこれが人生三度目のブログ開設である。 最初のブログは、よくは憶えていないが、詩を書いたり好きな小説や漫画の一節を引用して並べたりする感じのやつで、そんなに悪くなかったんじゃないかといまでは思う。数年に一度、ネット上のあらゆる自分の…